精密機器メーカーの実情を徹底分析

>
この記事をシェアする

少し低迷気味のカメラ業界

日本のカメラの歴史を振り返る

私が小学生くらいの時は、フィルムカメラが一般的で、カメラにフィルムをセットするのが難しかったことをよく覚えています。
中学生くらいの時は使い捨てカメラが登場し、手頃な価格で気軽に写真が撮れるということで、中高生にも人気が高く、お出かけのお供としても大人気だったような気がします。
その後に登場したのがデジタルカメラです。撮った写真をその場で確認できるというのは消費者にとっては非常に魅力的且つ画期的なものでしたので、瞬く間にデジカメブームが到来しました。
今はスマホカメラに少し勢いをそがれていますが、これだけの歴史のあるカメラ業界です。そう簡単には崩れません。根強いカメラ人気を支えているのは、カメラ業界で働く人々の存在です。就職先としてはとてもやりがいがある業界ですので、いまだ人気は衰えていません。

大手カメラメーカーの特徴

日本で大手といわれるカメラメーカーには、キャノン、オリンパス、ニコンが挙げられます。
これらの会社の特徴は、若手にチャンスを与えていることや、女性に活躍の場を多く設けていることです。福利厚生も充実しているため、子育てしながらでも働きやすい環境にあり、残業も少なくて若い人達も働きやすいようです。
男性であれば、新卒でもチャンスが多く昇進しやすいことは大変魅力的ですし、女性であれば、結婚して子供が出来ても働き続けることが出来るとあって、就職先としてはかなりの人気があります。それだけ難関ではありますが、優秀な人材を育てることが出来るので、将来性は抜群かと思います。
これらのメーカーは、日本のみならず海外でも評価が高いので、海外での活躍を考えている人にもお勧めの業界であると言えます。


Copyright © 精密機器メーカーの近年の就活事情とは. All Rights Reserved.

TOPへ戻る