精密機器メーカーの実情を徹底分析

>
この記事をシェアする

今の自動車業界とこれからの自動車業界

自動車業界の歴史

かつて日本の自動車業界は、海外に占拠されていました。
しかし海外メーカーと提携し、最新技術を学ぶうちに日本独自で研究と開発を進めていき、海外をもしのぐような大手自動車メーカーが誕生しました。
自動車が生活必需品になるほど日本が経済成長を遂げていくとともに自動車業界も発展していき、将来性安定性共に抜群の就職先として大変人気の高い業界でした。
しかしエコカー時代になり、電気自動車(EV)の登場により、自動車業界でなくても自動車が作れるようになったことから、今まで抜群の安定性を伴っていた自動車業界に暗雲が立ち始めました。今はまだ安定性がありますが、10年20年先を考えると少々不安がある業界といえるかもしれません。

シェアリング業界の台頭

一昔前までは自動車は所有するものでしたが、シェアリング業界の台頭により自動車保有率が年々減少してきていることはご存知でしょうか。
使いたい時に使った分だけの利用料金を払えばいいというカーシェアリングは非常に合理的なシステムで、若い世代を中心に取り入れられてきています。
自動車業界もカーシェアリング業界に参入して、自動車保有率を上げようと躍起になっておりそれなりの効果はあると思いますが、やはり一昔前と比べると勢いは落ちていると言わざるを得ません。
安定性と将来性を求めて就職先を決めるのなら、自動車業界よりもむしろシェアリング業界のほうが将来性を見込めるかもしれません。安定性はまだありませんが、ライドシェアなど新たな制度を次々と取り入れている業界なので、課題が多い分やりがいもあり、若い世代の新しい発想が求められると思います。


Copyright © 精密機器メーカーの近年の就活事情とは. All Rights Reserved.

TOPへ戻る